わくわくノート

シンプルな4コマや本のレビューコーナーを設置しています。

MENU

本のレビューコーナー

こちらでは本の感想を載せています。

読んだ本を並べて更新していく予定です(図書館のシールが貼られているところは塗りつぶしています)。

 

f:id:renemagritt:20170623023436p:plain

『もっと あの世に聞いた、この世の仕組み』

f:id:renemagritt:20170624002442p:plain

理詰めスピ本。

普通のサラリーマンをしていた著者は、鬱病治療のためにつよ~い薬を飲んだところ、「雲さん」という守護霊と会話ができるようになりました。
そして、この雲さん、あの世の住民であるだけに、「この世」の様々な疑問をわかりやすく明快に説明してくれるのです。
ベストセラーとなった第1作目『あの世に聞いた、この世の仕組み』で、雲さんは「この世のからくり」や「苦しみが生まれる仕組み」を中心に教えてくれましたが、第2弾の本書では「さとる」ということから「輪廻転生」「アセンション」「『般若心経』のお経の意味」などを教えてくれます。
あなたもこの本を読めば、「見えない世界」に関する、今までわからなかったことや、不思議だったことがよくわかり、「心の平安」が取り戻せるはずです。

引用元:amazon

 

『14歳』

f:id:renemagritt:20170603021752p:plain

芸人千原ジュニアの14歳の時の葛藤がそのままつづられています。

14歳の少年はある日、部屋にカギを付け、引きこもりを始めた。僕は誰になるんだろう。いつこの部屋を出ることができるのだろう―。見えない将来への不安。過ぎていく時間への焦り。「普通」を求める大人への苛立ち…。様々な思いを抱えて少年は自分探しの旅に出る。「戦うべきリング」を求めて彷徨う苦悩を描いた大ベストセラー小説。 

引用元:amazon

 

ツレがうつになりまして。

f:id:renemagritt:20170602010302p:plain

ほんわかな空気感でいっぱいのうつ病エッセイ。

スーパーサラリーマンだったツレがある日、突然「死にたい」とつぶやいた。会社の激務とストレスでうつ病になってしまったのだ。明るくがんばりやだったツレが、後ろ向きのがんばれない人間になった。もう元気だったツレは戻ってこないの?病気と闘う夫を愛とユーモアで支える日々を描き、大ベストセラーとなった感動の純愛コミックエッセイ。

引用元:amazon

 

かもめのジョナサン完成版』

f:id:renemagritt:20170602010236p:plain

あっさりしてるけど深い内容でした。

1970年に発表されてから、しばらくはまるで反響がなかったが、数年後から爆発的に読まれ始めた伝説の作品『かもめのジョナサン』。飛ぶことの歓びを追求したために、仲間から追放された一羽のカモメが、やがて…というこの物語は、全世界で4000万部以上、日本でも260万部を超える大ベストセラーとなった。長い歳月ののち、著者R・バックが自家用飛行機の事故で九死に一生を得たことをきっかけに、新たな最終章が加えられ、「完成版」が刊行された。そのPart Fourは驚愕の内容を持つが、断固として未来を語り、“自由を求めよ!”と我々を深く励ます。

引用元:amazon