わくわくノート

元不登校だけど、前向きに暮らしながら更新する雑記ブログ。4コマや本のレビューコーナーを設置しています。

MENU

助けを求められたら

誰かに助けを求められた段階ではすでに手遅れの場合がある。

f:id:renemagritt:20180206000203p:plain

 

出来る限りのことをやって、限界まで耐えて、それからようやく誰かに助けを求める。

そこで「もう少し頑張れ」とか「少しくらい嫌だと思っても」と言っている時間はない。

すぐに安全な場所へ避難させなければいけない。

 

もしかしたらなんでもないことかもしれない。

 

でも外からは見分けられない。

助けを求める方も事の重大さを示せないことがもどかしい。きっと理解されないと思ってる。

 

もし助けを求められたら相手の気持ちを深い所までくみ取って。

声を掛けられる相手は限られているから。