わくわくノート

元不登校だけど、前向きに暮らしながら更新する雑記ブログ。4コマや本のレビューコーナーを設置しています。

MENU

新しい習慣を身につけるには小さな変化を取り入れよう

今の習慣を変えて、何か新しい習慣を取り入れる場合にはコツが必要です。

 

脳は安心安全を優先するので、いつもの習慣を変えようとするとブレーキがかかります。

三日坊主はその典型ですよね。

 

頭ではこういうことをした方が良いと分かっていてもなかなか行動に移せなかったり、継続できなかったりします。

 

なので今までと違う習慣を新しく身につけようと思ったら、なるべく変化を小さくして少しずつ変わっていくという方法がおすすめです。

f:id:renemagritt:20180208004935p:plain

 

変化と呼べないほどの小さな変化がポイント

例えばダイエットをしたいなら、いきなり食事量を減らしたり、カロリーの低い食べ物に切り替えたりなどの選択肢がありますが、大きい変化なのですぐに元の習慣に戻ってしまう可能性が高いです。

 

なので最初に取り組むにはハードルをググーっと下げて、脳が気付かないくらいの変化を取り入れましょう。ダイエットで言えば、噛む回数を1回だけ多くするとか、最後の一口に手を付ける前に1秒待つとか。抵抗のないところから始めましょう。

 

すぐに結果が出るわけではないのですが、長期的に見ると継続して習慣になる方がより効果的なのでその前提で試してみましょう。

 

別の例をもう1つ出すなら、読書を習慣にしたいとします。

最初は毎日1ページとかでも難しいので、 まず本を見るとか手に取る、からでもいいと思います。

慣れてきたら自分でハードルを上げていきましょう。あせる必要はないので、わざわざ意識しなくてもサッと行動にできていたら次に進む感じですね。

 

普段から変化を取り入れるようにしているとこういうことも簡単になってくるので、習慣を取り入れていきたい人はバンバン変化を受け入れてみましょう。

簡単に思えても実際にする人は意外と少ないので、とにかく動く! ことが大切ですよ。

 

最後に私から読者さんへ

ここで簡単な変化を提案してみますね。

姿勢を正してみましょう。

口呼吸をしている人は鼻呼吸をしてみましょう。

画面以外に目の焦点を合わせてみましょう。

お水を飲んでみましょう。

 

日常に少しの刺激や新鮮なものが欲しいと思ったら、積極的に小さな変化を取り入れて行ってみましょう。

気が付いたらそれが習慣になり、思考や行動パターンも自然と変わっているはずです。