わくわくノート

元不登校だけど、前向きに暮らしながら更新する雑記ブログ。4コマや本のレビューコーナーを設置しています。

MENU

#←これはシャープとは呼ばない!?

これがシャープです→♯

f:id:renemagritt:20180107002132p:plain

「ダーリンの頭ン中」というマンガ本の中で、シャープとナンバーサインのことを取り上げていたので、その時初めて記号の違いを知りました。

ダーリンの頭ン中 英語と語学

ダーリンの頭ン中 英語と語学

 

ナンバーサインは#。シャープは♯。

見分け方としては横棒がポイントで、番号を示すときに使うナンバーサインは水平、音楽で使われるシャープは半音上げる意味があるので右肩上がりになっています。

 

f:id:renemagritt:20180107004213p:plain

形がとても似ていて一瞬だと見分けがつかないですね。

電話のボタンの♯や*の名前もシャープとも、米印とも呼ばないとか。

 

もっと詳しい話はこちらの記事に書かれていました↓

こちらのサイトにある「知の関節技」のコーナーには興味深い記事が色々ありました。

※ちなみに知の関節技とは

世界には 「急所」 がある。
普段は見過ごしがちななんでもないところに、
「急所」 は潜んでいる。

見せ掛けの大技を廃し、
日常的な視点で世界の関節を極めまくろう。

ということらしいです。ぜひあなたも世界の関節を極めましょう!

おすすめ記事↓

成功体験を重視する 「グッピー理論」

 

「ダーリンの頭ン中」で他に驚いたことは母音の前の「the」は必ずしも「ジ」と発音するわけではないということなどですかね。

言葉って面白いですね~。